不動産情報の幅広い利用方法|ハウスエンジョイプラン

土地探し

不動産を自分で探す方法

不動産業界に流通している情報だけでは、なかなか希望する物件は見つかりません。住むための土地ですから、希望する条件には、地域や立地、金額、隣近所など様々なものがあります。それらの条件にかなう土地は簡単には見つかりません。私も不動産会社に土地探しをお願いしたことがありますが、ストックされている物件は、どこの会社でも共通の情報ですし、新しい情報が入った場合の連絡をお願いしても、ほとんど連絡はありませんでした。新築住宅用の土地を探しているなら、ハウスメーカーの営業担当に依頼するのが一番です。もちろん、見つかったときには、そのメーカーで建てることになりますが、熱心に探してくれます。

ハウスメーカー

ハウスメーカーは不動産の専門家ではありませんが、いろいろな場面で土地の取引に接触しています。特に、大規模な住宅団地の開発の場合には、通常、複数のハウスメーカーが計画の当初から参画しており、住宅の割り当てを受けています。ハウスメーカーは、こういった開発団地には強いですが、既に出来上がった街並みの空き地を探すようなことは、地場のハウスメーカーでなければなかなかできません。それでも、不動産会社に比べると、土地を見つければ、建物一棟分の利益があるわけですから、一生懸命に探してくれます。自分たちだけでは、所有者を調べて交渉するというのは困難ですが、営業専門の人であれば、効率的に交渉を行ってもらうことができます。